この症状で大丈夫?

こどもの症状ってよくわからない

こどもの病気の種類や頻度は成人の病気と異なるのは皆様もご存知かもしれません。


また、同じ症状であっても生まれて1週間の赤ちゃんと小学校1年生のこどもでは考えるべき病気は違うんです。

よくあるこどもの症状から、どんな病気が考えられるかについてみていきましょう。


各症状がみられた場合に、当クリニックとして、患者様ご家族に「こうしていただきたい」ことを中心に表記しております。一部医学的診断基準等と合致していない部分があることをご理解いただければ幸いです。

※ことばの意味について


新生児 生まれてから1か月までの赤ちゃん


乳児 生まれてから1歳のお誕生日までのこども


幼児 生後1歳から小学校入学までのこども


乳幼児 生まれてから小学校入学までのこども

 咳

キーワード 気管支炎、マイコプラズマ肺炎、百日咳、喘息、気管の先天異常、気管支異物

があるのかどうか、②数週間以上にわたり長引いているかがポイントになります。


熱があり数日で悪化しその後軽快する咳は、呼吸器感染症で、いわゆるクリニック等で風邪との診断をうける「急性上気道炎」であることが多く、クリニックを1回受診して軽快することが多いと思います。

この場合、原因の多くはウイルスであり、病状によりますが当クリニックでは抗菌薬(抗生物質)処方をされないことが多いかもしれません。


だだし、咳が長引く場合には、炎症が下気道におよんで「急性気管支炎/肺炎」に進展悪化していることもあり、熱が下がっても咳が良くならない場合には、クリニックの再受診をお勧めします。


特に乳幼児では、時々熱が出て咳が良くなったり悪くなったりを繰り返す時に「中耳炎」を併発していることがあります。中耳炎の病態によっては抗菌薬治療が有効なことがあります。


また、小中学生で咳が長引く場合には、マイコプラズマ肺炎や、時に百日咳が原因であるかもしれません。この場合、クリニックでのある種の抗菌薬により症状を和らげ、病期を短くすることが可能かもしれません。


咳が長引く場合で、お子様に花粉症があったり、お父様、お母様に小児喘息がある場合には、喘息発作の可能性があります。該当する場合はクリニック受診を考えていただきたいと思います。


新生児や乳児では、頻度はまれですが、気管や食道の生まれつきの異常(気管の先天異常)のこともあり、頑固に続く咳、特に咳き込み嘔吐を認める場合にはクリニック受診を考えていただきたいと思います。


乳幼児で、数分から数時間で急激に悪化し、顔色がわるくなるような咳は気管支異物を考える必要があり、夜間であれば夜間救急医療機関の受診をしてください。幼児ではピーナッツ誤嚥による気管支異物が多いといわれ注意が必要です。

 嘔 吐

キーワード